ニキビに効果的な化粧水を使えば綺麗な肌に甦る

ケアは症状に合わせて

鏡を見る人

赤みを帯びたニキビ跡は、炎症の修復過程で毛細血管が集中したことなどが原因のため、このケアでは新陳代謝を促す化粧水が有効です。そのことで、赤みが薄くなるメリットを期待できます。茶色いシミのニキビ跡はメラニンが原因ですから、ビタミンC誘導体やハイドロキノンなどが入った薬用美白化粧水が効果的です。

大人ニキビの対策

婦人

大人になると細胞の働きが弱まります。そのため、大人ニキビを放置するとニキビ跡になったり、シミになったりするので注意が必要です。ニキビができないために、化粧水をつけて肌の乾燥をしっかり防ぐことが大切です。

最も早く改善する方法

基礎化粧品

赤ニキビを1日も早く改善するためには、正しい洗顔を実践することが大切です。洗顔は1日2回以下、低めの温度で泡で洗うようにやさしく洗いましょう。洗顔をした後は、水分補給のためにAHAやサリチル酸、ビタミンC誘導体など、お肌のターンオーバーを正常にしてくれる成分が配合されている化粧水でケアしましょう。

ニキビに効く化粧水とは

女性

水分を補いニキビを撃退

ニキビというと、青春まっただ中の若者が悩んでいると思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、年齢を重ねた方にとっても大きな問題です。なぜなら、若いころできたニキビは、すっと治ってくれますが、大人のニキビはそうもいかず、あとが残ってしまうことが多いからです。また、気がつかずにほうっておいたのが、先端部の黒い黒ニキビになってしまうこともあります。これは、炎症はないものの、安心できません。このようなニキビをどのようにケアしていったらよいのでしょうか。たいてい、ニキビというと、油分が多い肌、つまり皮脂の過剰な分泌が原因になっているというイメージです。そのため、肌はすでに十分潤っているので、化粧水など何も塗らないのが得策、と考える方も少なくありません。しかし、この考え方には大きな落とし穴があります。何も塗らないことで、肌は、乾燥し、もっと多くの皮脂を出すよう指令を出してしまうのです。化粧水で水分を補ってあげることにより、これらの余分な皮脂が出てくるのを防ぐことができます。とはいえ、化粧水選びにも気をつけたいものです。肌を消毒しているような感じがある清涼感のある使いごこちの化粧水にはたいてい成分にアルコールが多く含まれています。しかし、アルコールは消毒にはなっても、保湿には向きません。逆に、水分を飛ばしてしまうのです。ですから、ニキビ対策を考えるのであれば、清涼感のある化粧水には気をつける必要があります。ニキビに効く化粧水を選ぶときには、成分をよく見て、アレルギーになりそうな成分がないか、保湿成分は含まれているか、などといったことをチェックしましょう。また、使う際には、量をたっぷり使い、軽く両手のひらでパッティングして成分を肌にしみこませるとよいでしょう。